お問い合わせ・資料請求

木村化工機株式会社 エンジニアリング事業部営業部

ヒートポンプ式アンモニア回収装置

ヒートポンプを用いることで、熱回収コンデンサの冷却水から廃熱を回収し、リボイラの熱源として再利用します。また、熱回収コンデンサを追加することで、ヒートポンプの低温水温度を95℃である高温水に近い温度にすることが可能になり、高COPヒートポンプ(COP:5~7.5)を採用することができます。蒸留塔を分割することにより、熱負荷の小さな濃縮部の塔径を回収部の1/3~2/3にすることができます。

世界初、低濃度アンモニア水から
高純度水素を製造し燃料電池発電に成功

仕様及び蒸気式蒸留塔とのランニングコスト比較

型式 HP台数 最大処理量 設備動力(※1) CO2削減率(※3) 原油換算
削減率(※3)
ランニングコスト
メリット(※2)
HAR-1 1 3.5 ton/h 54.3 kw 86.7 % 75.5 % 28 百万円/年
HAR-2 2 7 ton/h 108.6 kw 86.7 % 75.5 % 57 百万円/年
HAR-3 3 10.5 ton/h 162.9 kw 86.7 % 75.5 % 85 百万円/年
HAR-4 4 14 ton/h 217.2 kw 86.7 % 75.5 % 114 百万円/年
HAR-5 5 17.5 ton/h 271.5 kw 86.7 % 75.5 % 142 百万円/年
HAR-6 6 21 ton/h 325.8 kw 86.7 % 75.5 % 170 百万円/年
HAR-7 7 24.5 ton/h 380.1 kw 86.7 % 75.5 % 199 百万円/年
HAR-8 8 28 ton/h 434.4 kw 86.7 % 75.5 % 227 百万円/年
HAR-9 9 31.5 ton/h 488.7 kw 86.7 % 75.5 % 255 百万円/年
HAR-10 10 35 ton/h 543 kw 86.7 % 75.5 % 284 百万円/年
HAR-15 15 52.5 ton/h 814.5 kw 86.7 % 75.5 % 426 百万円/年
HAR-20 20 70 ton/h 1086 kw 86.7 % 75.5 % 568 百万円/年
HAR-25 25 87.5 ton/h 1357.5 kw 86.7 % 75.5 % 710 百万円/年
HAR-30 30 105 ton/h 1629 kw 86.7 % 75.5 % 852 百万円/年

(注記)

  • ※1.設備動力は、ヒートポンプ動力のみとしています。(付帯機の必要動力は含んでいません)
  • ※2.蒸気単価:5000円/ton , 電気単価:12円/kw , 年間運転時間:8000hr として計算
  • ※3.計算には、資源エネルギー庁資料2020年1月改定の数値及び関西電力のCO2排出係数を使用
    ・電力のエネルギー換算:発熱量9.76 GJ/千kWh
    ・原油換算係数:0.0258 kL/GJ
    ・蒸気のエネルギー換算:2.573 GJ/ton
    ・関西電力のCO2排出係数:0.000318 ton-CO2/kWh(2019年実績値)
  • ※4.供給液アンモニア濃度:1wt%、ボトムアンモニア濃度:10ppm以下

(注記)COPは、加熱COPとして表記

ヒートポンプ式アンモニア回収装置の開発

『(A)先進事業』先進設備・システム補助対象設備

本設備は、令和3年度先進的省エネルギー投資促進支援事業費補助金において
『(A)先進事業』先進設備・システム補助対象設備として採択されています。

公募期間 令和3年5月26日(水)~6月30日(水) 17:00(必着)
執行団体 一般社団法人環境共創イニシアチブ
補助率 中小企業者等:2/3以内
大企業・その他:1/2以内
補助金限度額 上限額:15億円/年度
下限額:100万円/年度
対象設備概要 以下のPDFをご覧ください。
ヒートポンプ式アンモニア回収装置 設備概要

詳しくは、下記のURLをご覧ください。
令和3年度 先進的省エネルギー投資促進支援事業(SIIウェブサイト)

お問い合わせ・資料請求