お問い合わせ・資料請求

木村化工機株式会社 エンジニアリング事業部営業部

MVR(自己蒸気機械圧縮)型
蒸留ハイブリッド装置
(MVR 高沸点溶剤回収装置)

蒸留装置はエネルギー消費量が大きいプロセスとなります。そこで、当社では画期的な省エネルギー化を図ることが可能となるMVR型蒸留ハイブリッド装置を提案いたします。
本システムは、蒸発ベーパーを蒸留塔の塔頂から蒸気圧縮機に送って昇圧し、圧縮蒸気を蒸留塔のリボイラ熱源として再利用するヒートポンプシステムです。当社は、塔頂ベーパーの蒸発潜熱を凝縮で損なうことなく自らのプロセスに再利用することにより、これまでにない大幅な省エネルギー性を実現させることに成功しました。
当社では、本システムについて数多くの実績を有しており、安定した蒸留操作と省エネルギーを実現するノウハウを確立しています。(MVR:Mechanical Vapor Recompression)

MVR型蒸留ハイブリッド装置と従来の蒸留装置との省エネルギー性を一例として比較した結果を下図に示します。
従来の蒸留装置では、リボイラの加熱源としてボイラからのスチームを10ton/h供給しますが、MVR型蒸留ハイブリッド装置では、ボイラスチームではなく、自らの塔頂ベーパーを蒸気圧縮機で昇圧して再利用するために、電力を消費しています。
その電力消費量は、400kWh となります。 下図に、スチームと電気代のユーティリティー単価を想定して比較したランニングコストの試算結果を示しております。その結果、MVR型蒸留ハイブリッド装置は、従来の蒸留装置に比べ、6分の1以下という画期的なランニングコストの低減に貢献します。

ラインナップ

型式 液の沸点上昇 ファン圧縮度 C.O.P
MVR-D-F1 ~7°C 6~9°C 20~40
MVR-D-F2 ~16°C 9~18°C 10~20
MVR-D-F3 ~25°C 18~27°C 5~10

C.O.P = [蒸発熱量]÷[ファン理論動力」
(但し、圧縮効率を除く)

蒸発能力 vs 消費動力

蒸発能力

型式

5,000
[kg/h]
10,000
[kg/h]
15,000
[kg/h]
20,000
[kg/h]
MVR-D-F1 170 kW 310 kW 450 kW 590 kW
MVR-D-F2 300 kW 560 kW 820 kW 1080 kW
MVR-D-F3 500 kW 900 kW 1300 kW 1700 kW
  • ※処理量が5,000kg/hr~20,000kg/hが標準機種です。
  • ※消費動力は、MVR FANの動力+付帯機器(ポンプ類)の動力としています。
  • ※型式の説明
    F1:ファン1基, F2:ファン直列2基, F3:ファン直列3基

『(A)先進事業』先進設備・システム補助対象設備

本設備は、令和3年度先進的省エネルギー投資促進支援事業費補助金において
『(A)先進事業』先進設備・システム補助対象設備として採択されています。

公募期間 令和3年5月26日(水)~6月30日(水) 17:00(必着)
執行団体 一般社団法人環境共創イニシアチブ
補助率 中小企業者等:2/3以内
大企業・その他:1/2以内
補助金限度額 上限額:15億円/年度
下限額:100万円/年度
対象設備概要 以下のPDFをご覧ください。
MVR型高沸点溶剤回収装置 設備概要

詳しくは、下記のURLをご覧ください。
令和3年度 先進的省エネルギー投資促進支援事業(SIIウェブサイト)

お問い合わせ・資料請求