お問い合わせ・資料請求

木村化工機株式会社 エンジニアリング事業部営業部

MVR(自己蒸気機械圧縮)型
蒸留ハイブリッド装置

蒸留装置はエネルギー消費量が大きいプロセスとなります。そこで、当社では画期的な省エネルギー化を図ることが可能となるMVR型蒸留ハイブリッド装置を提案いたします。
本システムは、蒸発ベーパーを蒸留塔の塔頂から蒸気圧縮機に送って昇圧し、圧縮蒸気を蒸留塔のリボイラ熱源として再利用するヒートポンプシステムです。当社は、塔頂ベーパーの蒸発潜熱を凝縮で損なうことなく自らのプロセスに再利用することにより、これまでにない大幅な省エネルギー性を実現させることに成功しました。
当社では、本システムについて数多くの実績を有しており、安定した蒸留操作と省エネルギーを実現するノウハウを確立しています。(MVR:Mechanical Vapor Recompression)

MVR型蒸留ハイブリッド装置と従来の蒸留装置との省エネルギー性を一例として比較した結果を下図に示します。
従来の蒸留装置では、リボイラの加熱源としてボイラからのスチームを10ton/h供給しますが、MVR型蒸留ハイブリッド装置では、ボイラスチームではなく、自らの塔頂ベーパーを蒸気圧縮機で昇圧して再利用するために、電力を消費しています。
その電力消費量は、400kWh となります。 下図に、スチームと電気代のユーティリティー単価を想定して比較したランニングコストの試算結果を示しております。その結果、MVR型蒸留ハイブリッド装置は、従来の蒸留装置に比べ、6分の1以下という画期的なランニングコストの低減に貢献します。

お問い合わせ・資料請求