お問い合わせ・資料請求

木村化工機株式会社 エンジニアリング事業部営業部

MVR(自己蒸気機械圧縮)型
アンモニア回収装置

ファンを用いて蒸発濃縮により発生するベーパーを昇圧・昇温させ、自己の加熱源として再利用します。捨てるエネルギーがほとんど無いため、高い省エネ性を発揮します。目安として、処理量6ton/h以上の設備に適しています(小型ヒートポンプ処理装置もあります)。

MVR型蒸留装置のランニングコスト例

項目 MVR型
蒸気 0.5(ton/h)
電気 200.0(kW)
蒸気コスト 20,000,000(円/年)
電気コスト 19,200,000(円/年)
合計コスト 39,200,000(円/年)

条件

  • 処理量:15.0ton/h
  • アンモニア濃度:1wt%
  • 蒸気コスト:5,000円/ton
  • 電気コスト:12円/kW
  • 年間運転時間:8,000時間
お問い合わせ・資料請求